今年もいよいよパリ国際農業見本市のシーズンがやってきました。
東京ドーム10倍の面積のサロンに、巨大な農場含めたサロンを作ってしまうだなんて、まさにフランス人らしいイベント。
商談用の方のみと思われがちですが、一般の人たちも入場できるんです。
あっちにアルザス地方のクグロフがある、、、と思いきや、
こっちにはバスク地方のジューシーそうなサラミ、遠くからはサヴォア地方のチーズのいい香りも!
子どもたちのための食育ブースや触れ合い農場、圧巻のパフォーマンスを見せてくれる馬術ショーもあり、まさに盛りだくさん。
9日間で訪れる人70万人、1000を超える出展者と約4000頭もの動物たちが参加するのパリ最大のイベント。
農業大国フランスを1日たっぷりと味わい、体感してください。

<1日プラン>パリ農業見本市(2017年2月25日~3月5日)

1日目 ご滞在のホテルにてアテンドと待ち合わせ。メトロ、バスを使ってサロン会場へ。

会場到着後、各パビリオンとブースについてご説明します。牛、豚などの農場さながらの家畜ブース、馬術ショー、フランス各地の名産品、庭や畑、野菜、ワイン、世界からの輸入食材などなど、1日では見足りないほどの広さ!

大きなフードコードでは、各地名産品が試食できます。チーズのとろける匂いに誘われてお好きな場所でランチタイム。

ランチ後はゆっくりお土産探し。地元の人たちとの会話も楽しみながら、試食や試飲もお楽しみください。

夕刻、ご滞在のホテルまでお送りいたします。

アテンドこちらのプランは日本語アテンド同行プランです。
プラン料金:23,000円
※ 2~4名様の場合の1名様の税込料金です。1名様、5名様以上はお見積もりをご依頼ください。
※ 商談、視察のかたは別途お問い合わせください。

プランに含まれるもの

9:00~16:00(7時間)の日本語通訳/アテンド、入場料
※ランチ代は含まれません。お客様各自でサロン内にて昼食をおとりいただきます。
※ホテルから会場までの往復交通費はお客様各自負担となります。(公共交通機関を利用いたします。)
※写真はイメージです。プランの内容はイベント内容によって変動いたします。